mizukawachiharu’s blog

水川千春の制作記録

ファイアーホールシアター

おはようございます

f:id:c-mizukawa:20180821160959j:image

今日はここで11時半から。

 

簡単なリハと打合せを終え、

f:id:c-mizukawa:20180821161153j:image

ディレクターのリアンと、今回トークの同時通訳もして下さったともよさんと。本当に、ありがとうございました

 

本番は、過去作品のスクリーンと共に、制作を紹介するトーク

f:id:c-mizukawa:20180821161348j:image

滞在制作のいくつかの場所をピックアップして紹介したのだけど、

今回、石巻と福島での滞在は、とてもすべて語るには時間が足りなかったけど、震災のすぐ後の時期の写真から、出来るだけ、そしてそこから初めて海の水を汲ませてもらった経緯、今あぶりに使っている海の水、今回カナダに持ってきた海の水のあぶり作品まで、話させてもらいました。

 

 

ライブあぶりパフォーマンス

f:id:c-mizukawa:20180821162224j:image

観客のみなさまの、温かい拍手に感謝。伝わった感と、同時に自分のこれからの課題もさらに、よく見えた体験でした。きっと、相撲でいう、心技体の、心の部分(きっと)がよく見えた体験。ありがとうございました。

 

 

お客さんからの質疑応答や、終了後も、ぎりぎりまでお話させてもらってから、スタッフの皆さまにお礼を、、

そのまま空港へ。

ふう、とパフォーマンス振り返りながら、

 

f:id:c-mizukawa:20180821162944j:image

もう帰国。

時差ボケも治らないうちに帰ります。展示はひきつづき。弾丸スケジュールだったけど、展示とトーク2つとパフォーマンスの合間に、ちゃんとみんなでお祭りみたり、ふと話し込んだり、会場での在廊時間もちゃんとあって、熱心なお客さんと話したり、現地のアーティストの方と交流できたり、お茶したり、スーパー行ったり、再会したり、濃密で贅沢な感じでした。ギュギュギュと。ほんとに2日だったのか。

 

 

 

 

©mizukawachiharu official page