mizukawachiharu’s blog

水川千春の制作記録

宮城

午前中は、立石さんと、女川にいってきました。

女川も、去年の津波のあとから、緑が生えてました。
 コンテナを利用した集会所。
仮設の中にある、コンテナをつかった展示中のチエちゃんに会いにいく。

コンテナの中に、ランドセルを使った展示。ランドセルは、支援でたくさん送られてきたそうなんだけど、余ってしまって、それを受取ったカナダのアーティストが作品を入れて、贈ってくれたそう。展示の真ん中でお茶飲めるようにしてて、コンテナの中が、展示会場になってます。まだ使われてないコンテナも何個もあった。
 ←ランドセルの中にきれいな石が入った作品、すきだった。

女川のチエちゃんと話。アーティストの作品を、女川でも見せたいと言ってくれていて、石巻の立石さんも一緒に、3人で話してから、日和に帰る。


そのあと、今日は、
 ひとつ の力展準備。
 お花屋さんや、おおたやさん、うつわ屋さんへ。
明日出演してもらう、一枚の皿の力と、一椀の器の力と、一輪の花の力と、一口の味の力を、受け取りにいく。

↑大阪より参加のマッチポイントさんからも、すごいキャンドルが届いた!ありがとうございます。中身は、明日のお楽しみ。
そして、夜。
 到着したサッコと、リハーサル。

明日一日だけの、おもてなしイベント「ひとつ の力」展です。




石巻の彫刻作家、ちばちゃんも一緒に晩ご飯。
去年、自力ですべてお店直して再開したおじいちゃんのお好み焼き屋さん、店内に、お好み焼き関係のあらゆるポスターが貼ってある。おじいちゃんの趣味の写真も貼ってある。美味しかったー。



そして実は、この滞在中、
去年、再開の時におまつりをみんなでしてお手伝いさせてもらってた銭湯のご主人が、数日前に急に亡くなって、昨日、お線香をあげにいかせていただきました。急のことでした。絵とか、タンスが好きなご主人でした。この日の夜、銭湯お手伝いのアキちゃんと一緒に、銭湯の残り湯に、みなでつかりました。

©mizukawachiharu official page